患者の意見をしっかり聞いてくれる精神科のケア方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつの疑いがあるときは

悩む女性

うつ病は原因のはっきりしない脳の病気ですが、精神科で治療することができます。カウンセリングや生活習慣の改善、投薬などの手段の中から、患者に合った治療法を選びます。治療には医師と患者の信頼関係が重要です。

More Detail

心の症状を治療する機関

女性

精神科は、心に強くあらわれてしまう症状を治療する機関であり、心身症を主に扱う心療内科とは異なります。主にうつ病や統合失調症などを治療していく機関となり、投薬やカウンセリングを受けていきます。人によっては治療が長引く場合もあるので、通いやすく信頼できる精神科を選んでいかなければいけません。

More Detail

精神疾患の正しい治療法

カウンセリング

総合的な治療で患者をケア

人間は長い人生の中でさまざまな経験を積んでいきます。そうした経験は人を豊かにしてくれるものですが、時には受け入れ難い出来事も自分自身の中で消化していく必要があります。受け入れに失敗し、つらい体験や強度のストレスによって心の病気を発症してしまう人も少なくありません。心の病気は身体疾患と比べて目に見えにくいため、必ずしもすべての患者さんが病院で治療を受けているとは限りません。身体の病気にもそれぞれ適した診療科があるように、心の病気を治すには精神科が最も適しています。精神科は精神疾患全般を治療するための専門的な医療体制が整っているからです。心の病気でも脳に何らかの原因がある場合が多いため、現在では薬を使った治療で効率的に治せるようになりました。とは言え心は体と違って目に見える形がありません。薬の力で脳の機能を改善させても、心の状態を元に戻すにはまだまだ十分でないと言えます。そのため精神科では薬物療法だけでなく、精神療法や心理教育・作業療法といった多方面からの治療を実施しています。症状が落ち着いた後は再発予防やリハビリに力を入れており、長期間の治療で患者さんを全面的にケアしているのです。精神科でのこうした総合的な治療を通じて、多くの患者さんが正常な生活を取り戻しています。病気が原因で社会生活に大きな問題を抱えていたケースでも、受診をきっかけに人生が変わったと実感した人は少なくないのです。

統合失調症治療のケース

古くから精神病として知られる最も代表的な例として、統合失調症の治療を見ていきます。統合失調症はかつて精神分裂病と呼ばれていたように、心の調和が乱れて正常な日常生活を送るのが困難となる病気です。統合失調症の最も特徴的な症状は幻覚・幻聴や妄想ですが、そうした陽性症状のために患者さんは苦しんできました。多くの症例で同時に感情の障害や意欲の障害などの陰性症状が生じるため、初期においてはうつ病と見誤る場合もあります。自分自身で幻覚などの症状を自覚しない点も統合失調症の大きな特徴です。統合失調症の原因は完全には解明されていませんが、脳内神経伝達物質のバランスの乱れが発症につながるとする説が有力です。特にドーパミンが脳内で過剰になると、幻覚や妄想などの陽性症状が発生しやすくなります。中脳辺縁系でのドーパミン過剰に加えて、中脳皮質系ではむしろドーパミンの機能低下が見られ陰性症状につながっているのです。後者は中脳皮質系でドーパミンの働きを阻害するセロトニンの過剰が原因と考えられます。幻覚や妄想などの急性期症状を改善させるには、ドーパミン拮抗薬などの抗精神病薬が有効です。一方で統合失調症の治療に精神療法は向かないと言われた時期もありました。現在では認知行動療法で症状への対処法を学ぶことの効果が知られています。精神科では心理教育や作業療法を通して、再発予防から社会復帰までを計画的にサポートしています。

こころの病気を治します

悩む人

精神科は、こころの病気を治療するために受診します。からだにも異常がみられる場合は、そちらも並行して治療を行います。本人に精神的な異常を自覚させることは難しいため、周りの人が精神科できちんと診断を受けるようにします。

More Detail

向精神薬の効果

ドクター

不眠や不安や抑うつなどの症状は、適切な向精神薬を用いることで改善できます。精神科で処方される向精神薬には、抗うつ薬・抗不安薬・抗精神病薬・睡眠薬などがあり、一般に新しいものほど副作用が少なくなっています。

More Detail

心の病いを抱えたら

ドクター

精神科に行くことを恐れてしまっている人もいますが、精神科に診てもらうことがどんどんと遅れてしまうと、完治するまでにかなりの時間を要することになり、かえって悪循環です。精神的におかしいなと感じたら、すぐに医師のもとを訪れ、診てもらうのがポイントです。

More Detail