患者の意見をしっかり聞いてくれる精神科のケア方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

向精神薬の効果

ドクター

薬物治療の是非

不眠・不安や抑うつなどの症状があるとき、軽度であればストレス解消で改善されることもありますが、重症であれば薬物治療が必要になる場合があります。うつ病や神経症は本人の弱さのせいにされることが多く、精神科で治療を受けることを快く思わない方もいます。また向精神薬に対する不安もあって、できるだけ薬物治療は受けたくないという方も少なくありません。しかし放置しておいても治りませんし、周囲から責められることで悪化するケースもあります。適切に薬を服用すれば気分が軽くなり、快方へ向かうきっかけになることもあるので、いたずらに向精神薬を避ける必要はありません。精神科で処方される向精神薬には、抗うつ薬・抗不安薬・睡眠薬・抗精神病薬などの種類があります。作用の軽い睡眠薬などは、一般の内科でも処方を受けられます。しかし副作用が心配なら、やはり専門の精神科医に相談したほうが良いでしょう。それぞれの薬の効果について熟知しているので、最も症状に合った薬を処方してもらえます。

各種の薬の作用

向精神薬のうち抗うつ薬は、ノルアドレナリンやセロトニンなど神経伝達物質に作用し、落ち込んだ気分を改善する働きを持ちます。うつ病のほか、パニック障害や過食症などにも用いられます。三環系や四環系といった古い薬以外に、新世代の抗うつ薬としてSSRI・SNRI・NaSSAがあり、新しいものほど副作用が少ないので人気があります。抗不安薬はマイナートランキライザーとも呼ばれ、恐怖や緊張を和らげる作用があります。一般に用いられるベンゾジアゼピン系は、効き目が強い反面、大量に使うと依存性を生じるため、精神科医の処方を守ることが大切です。セディールという新しい薬は、耐性や依存性がないと言われています。抗精神病薬はメジャートランキライザーとも呼ばれます。脳内のドーパミンの働きを抑え、統合失調症や幻覚・妄想などの症状を改善します。睡眠薬は催眠作用のある薬の総称で、作用機序はそれぞれに異なっています。現在では副作用の少ない非ベンゾジアゼピン系が主流になっています。