患者の意見をしっかり聞いてくれる精神科のケア方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつの疑いがあるときは

悩む女性

内科や心療内科との違い

よく誤解されるところですが、うつ病は精神の弱さが原因ではなく、脳の変調によって発症する病気のひとつです。脳の機能には解明されていない部分が多く、うつ病の発生要因もはっきりとは分かっていません。離婚や死別や災害などの経験がきっかけになるケースは多いものの、普通に生活していてうつ状態になる方も少なくありません。やる気が出ない、集中力がない、よく眠れないなどの症状で悩んでいる方は、一度精神科を受診してみることをお勧めします。また食欲不振や体重減少が見られるのに、内科で検査を受けても異常がなかった場合は、うつ病を疑ってみる必要があります。ストレスから来る病気でも、胃潰瘍や大腸炎のようにはっきりした症状がある場合は、内科や心療内科を受診するのが良いでしょう。イライラや抑うつなど、具体的にどこが悪いかはっきりしなければ、精神科の出番になります。ただし街なかのクリニックでは、精神科と心療内科を明確に区別していないことが多く、その際にはどちらを受診しても構いません。

最適な治療法を探して

精神科ではカウンセリングを行なって、患者ひとりひとりに合わせた治療法を探します。軽度のうつ病であれば、カウンセリングだけでも顕著に改善することがあります。また生活習慣の改善が提案されることもあります。十分な休養を取り、ストレスを解消することで、多くのうつ病は快方に向かいます。もちろん薬が処方される場合もあります。抗うつ薬は脳内ホルモンに直接的に働きかけ、抑うつされた気分を改善する効果があります。ただし効き目は人によって異なり、最適な量も違うので、最初は少量で様子を見て、徐々に増やしていくのが基本です。また薬をやめると反動が出て、症状がいっそう悪化する恐れがあります。薬を飲み始めたら自分の判断で中止せず、医師に指示された用法や用量を守ることが大切です。精神科は他の診療科目以上に、患者と医師の信頼関係が治療に重要な役割を果たします。どうしても気の合わない医師であれば、病院を変えることも考えて良いでしょう。しかし耳に痛いアドバイスをされたからといって怒らず、謙虚に受け入れる姿勢も必要です。